むくみ014

むくみ 食事

むくみは、ミネラルやビタミンなどが不足した場合に
おこることもあります。


カロリー的には足りていても、ビタミンやミネラルなどの
微量栄養素が不足することによって
むくみや疲労感などを訴える人も増えています。


食事を少し改善することでも、予防になるので
食生活を改善して、ミネラルやビタミンの欠乏症を防ぎましょう。



5つのポイントにまとめてみました。

●乳製品を摂ろう
牛乳はカルシウム源になります。
1日1本は飲む習慣を持ちたいですね。
牛乳はちょっと苦手という人は、ヨーグルトでもいいです。


●野菜を食べよう
野菜の中でも、緑黄色野菜。
ビタミンやミネラルが淡色野菜と比べ、格段に多いからです。
野菜は、熱を加えるとかさが減ります。
サラダだけでなく、スープや煮物
蒸したり茹でたりと色んな調理法で頂くと飽きないですよ。


●インスタント食品は控えよう
インスタントラーメンや菓子パン、ハンバーガーなどは手軽で便利です。
でも、こうした食品に頼ってばかりの食事だと
カロリーは摂取できてたとしても、ビタミンやミネラルが不足します。
そこで一工夫。
たとえばラーメンに卵をひとつ落とし、ホウレン草を加え
海苔を一枚加えるだけでもいいのです。


●甘い物を控えよう
ご飯やパスタ、パンといった穀物
それに砂糖などの糖質を大量に摂取すると
その代謝としてビタミンB1やB2を大量に消費し
ビタミンが不足することになります。


●お酒のおつまみを工夫する
酒を飲む前にチーズを一切れ、お腹に入れておく。
これだけでも結構です。
おつまみには、ホウレン草のおひたしや枝豆などでどうでしょう。




有村実樹さんがCMしている
ハウス食品のSASSO(サッソー)。




「足のむくみが気になる」
「仕事が終わった後も、颯爽と歩きたい」
という女性向けの軽快ウォーク飲料です。

どういう飲料かというと
アミノ酸の一種で、血流を促進する働きがあるといわれる
「シトルリン」を1000ミリグラム、
余分な水分を体外に出してくれる利尿作用があるといわれる樹脂を
乾燥させた「ケイヒ」エキスが50ミリグラム配合されています。

*シトルリン:スイカなどのウリ科植物に多く含まれています。
今、女性の注目を集める成分です。

*ケイヒ(桂皮):シナモンカシアの樹皮を乾燥させたもの。
爽やかなよい香りが特徴です。
SASSO(サッソー)に含まれているのは「ケイヒエキス」。


お味は、すっきりしたクリアアップル味です。



あ、そうそう、気になるお値段の方は
100ミリリットル入りで、200円ぐらいだそうです。

こちらですと、送料無料で、1本当たり約163円で買えますよ。
【送料無料】ハウス軽快ウォーク飲料SASSO サッソー100mlボトル缶 48本入



足のむくみが気になる方
仕事が終わった後も、颯爽と歩きたい方
SASSO(サッソー)を、一度試してみてはどうですか?
むくみ解消室です。

ビタミンやミネラルは、たんぱく質や糖質、脂質と比べると
微量栄養素です。
でも、不足すると自覚症状が現れます。

かといって、過剰摂取もダメ。
適量の摂取が大切なんです。

摂取はサプリメントでもいいですが
やはり食事からバランスよく摂る方がいいでしょうし
何よりその方が経済的ですからね。

むくみに関係の深いビタミンは、ビタミンB1です。
ビタミンB1は、炭水化物の代謝に関連し
正常な神経系の維持に関係があります。

ビタミンB1が欠乏すると、むくみのほかに
食欲不振や消化不良がおきやすくなります。
さらに不足が進むと、脚気に心肥大
そして多発性神経炎を起こす危険もあるのです。



うなぎビタミンB1を多く含む食品は、強化米。
100グラムで125ミリグラム含まれていて
一食当たりにすると約1.25ミリグラム。

強化米以外では、豚肉に多く含まれています。
あと、うなぎも多いですし、ゴマや落花生なども。

ビタミンB1の1日の必要所要量は
成人男子で、0.7〜1.0ミリグラム。
成人女子は、0.6〜0.8ミリグラムです。
摂取エネルギー1000キロカロリーに対して
0.33ミリグラムと言われています。



豚肉具体的な食事の例でみてみると
例えば、1人分の豚肉のソテー。
豚もも肉を約80g使用すれば
1.04ミリグラムのビタミンB1を摂取出来ます。
なので、この1食で一日分の必要量を
賄えるというわけです。

色々バリエーションを考えて、上手に摂り入れたいですね。

ビタミンやミネラルが不足して、むくみや疲労感、集中力不足といった
不快症状に悩む方はたくさんいます。

完全にビタミンやミネラルが不足している人。
ビタミンやミネラルの不足予備軍の人。

次の項目に該当する方は、注意が必要です。

ビタミンC●ストレスの多い人
ストレスが多いと、ビタミンCが不足しがち。
これは副腎皮質ホルモンの分泌が高まるためです。
また、神経を酷使するとビタミンB1が消費され
疲労感も高まります。

ですからストレスの多い人は
ビタミンC・B1を補う食事が必要です。
ビタミンCは果物や野菜。
ビタミンB群は穀類に多く含まれています。

●外食の多い人
牛丼、カレーライス、うな丼、ハンバーガーなどは
人気の外食メニューです。

でも、カロリーが高いにもかかわらず
ミネラルやビタミンが不足しているのです。
外食する時には、「焼き魚定食」「さしみ定食」といった定食系にすると
バランスがとれた食事に近づけます。
食後には、野菜ジュースを飲むようにしてもいいですね。

●ダイエット中の人
ダイエット中の人は、全般に栄養素が不足しています。
特に、ご飯や麺類、パンなどの穀物を制限している人は
ビタミンB群の不足。

油を控えすぎると、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kの
吸収が悪くなり不足してきます。
肉類を制限すると、たんぱく質が不足。
さらに、鉄やカルシウムも不足しますから
貧血や骨粗しょう症の原因になりますよ。

シトルリンってご存知でしょうか?
シトルリンとはアミノ酸の一種で
2007年8月に厚生労働省が食薬区分を変更し
食品での利用が解禁されました。

今までにコエンザイムQ10、L-カルニチン、α-リポ酸などが
食薬区分を変更されています。
コエンザイムQ10、L-カルニチン、α-リポ酸は
知っている人も多いと思います。
今後シトルリンも知名度が上がってくるでしょうね。

で、アミノ酸の一種ってことは分かったけれど
体にどういいのって話ですよね。

血管や内臓、皮膚、筋肉など
私たちの身体の約20%はタンパク質でできています。
そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸。
食べたものを消化したり、呼吸したりできるのも
アミノ酸のおかげです。
人間が生きていく上で、大切な働きをしています。

ただ、アミノ酸にも色々あって
遊離した形で存在しているものもあります。
これを遊離アミノ酸と呼ぶのですが
シトルリンは、その遊離アミノ酸の一種です。
最近、様々な研究によって、この遊離アミノ酸が
重要な役割を担っていることも解明されつつあります。

一般的に言われているシトルリンの効果・働きは
一酸化窒素の産生作用による血管拡張です。
血管拡張によって、血流の促進効果が期待できます。
むくみ改善にも効果が期待できるだろうという話です。

シトルリンは、スイカやきゅうり、メロン、冬瓜、ゴーヤー
といったウリ科の植物に含まれています。
特に、暑く乾燥したアフリカ、カラハリ砂漠の
野生スイカに多く含まれていて、過酷な環境を生き抜けるのは
シトルリンをたくさん含んでいるからと言われています。

●シトルリンをドリンク取得するなら




アサヒ飲料のシトルリンウォーター。
500mlにシトルリンを270mg配合。
また、オルニチン・アルギニンも配合されています。
味は、爽やかなクリアシトラス味で
ノンシュガー、ノンカロリーです。

●サプリメントで取るなら

協和発酵バイオのリメイクシトルリン。
1粒約133mgのシトルリンを配合。




むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

BoAは、広東製薬(クァンドン製薬)の「トウモロコシ、スヨム茶」のCMに出演
とニュースで流れていました。

広東製薬は、中国なのだか韓国の会社だかは定かではありませんが
このお茶、むくみ解消に効果があるそうです。



BoAをモデルとして選んだ理由として
「BoAが消費者の調査結果、モデル選好度部門で最も良い点数を獲得し、
BoAの細くて美しい顔のラインと健康的なイメージが、
製品のイメージとピッタリ合うと判断して、モデルに起用した」
と言っています。

「トウモロコシ、スヨム茶」CMのメインコンセプトは、
「Vライン(あごのとがったフェイスライン)」だとか。


むくみに効果があるというのは、
トウモロコシの毛に利尿作用があるからでしょう。
詳しくは分かりませんが、トウモロコシの毛の成分が
含まれているのではないかと。


「トウモロコシ、スヨム茶」が
日本で販売されるのかどうかは、わかりませんが
販売されるようならば、一度飲んでみたいですね。
味も大事ですから。
詳しい事がわかればまた報告します。


むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・対策室です。

足のむくみは、午前中からということはあまりなく
普通の場合は、疲れがピークに達する夕方あたりからおきてきます。
仕事を終えて家に帰り着いた頃には、靴の中がむくんでパンパンなんてことに。

しかし、足がむくむだろうなと思いつつも
アフター5に合コンの予定が入った場合など
対策はどうされていますか?

夜まで靴を履きっぱなしと事前に分かっていたら
昼ごはんで合コンむくみ予防策をとってきましょう。

むくみにいいのは、利尿作用のある食物。
きゅうりやトマトなどサラダによく使われる食材です。
ゴボウなんかも利尿作用があるので、キンピラいため
ゴボウサラダなんかもいいと思います。

こういうサラダなんかに、おにぎりやパンなどと
利尿作用がある緑茶やコーヒーなどの飲み物を
組み合わせるといいでしょう。

むくみの原因・予防・対策室
むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

トウガン。
トウガンは高温性の植物です。
8〜10月が収穫時期で、俳句の季語は初冬。
夏に採れても越冬貯蔵できるので、中国で冬カボチャ(冬瓜)と呼ばれています。
日本でもトウガン(冬瓜)。

トウガンは、薬効の高い野菜のひとつです。
ほてりを冷ましたり、口の渇きを押さえるので夏バテによく使われます。
また、利尿効果もあるので、むくみ解消にいいとされています。

●トウガン効用
渇きを癒し、解熱、利尿促進、慢性便秘、
魚・蟹・茸等の毒消し、汁を飲めば疲労の回復によいなどといわれています。

●料理
吸物の実、煮込み、あんかけ、味噌汁の実、あえものが一般的。
その他漬物、沖縄では砂糖漬けとしても食べられています。

むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。


むくみには、塩分はよくないと言うことを以前書きました。
塩分を控える食事という記事で。

塩分の摂り過ぎは、むくみの原因にもなるということです。
そこで、むくみの予防にどんな食事がいいかを考えてみます。

水分代謝を活発にする栄養素はビタミンB群。
●ビタミンB1
情緒を安定させる作用。
ストレスからくる自律神経の乱れによるむくみ対策に。
ビタミンB1を多く含む食品
胚芽米・ピーナッツ・ゴマ・豚肉・・・。

●ビタミンB2
新陳代謝を活発にする働き。
血流が良くなりむくみにくい体に。
ビタミンB2を多く含む食品
牛乳・うなぎ・チーズ・春菊・納豆・・・。

●ビタミンB6
カツオ・鰯・バナナ・・・。

これらビタミンB群に、ビタミンCを合わせると相乗効果が高まります。
ビタミンCを多く含む食品
ほうれん草などの緑黄野菜やレモンなどの柑橘類・・・。

それ以外には、食物繊維。
食物繊維には、体内のコレステロールや糖分を吸収し
体外へ排出する働きがあるので、むくみ予防にも。
食物繊維を多く含む食品
切り干し大根・ごぼう・さつまいも・・・。

また、塩分を体外に排出する働きのあるカリウム・カルシウムなどは
むくみ予防にもいいです。
カルシウムを多く含む食品
牛乳・チーズ・ひじき・煮干・小松菜・・・・。
カリウムを多く含む食品
レンコン・じゃがいも・セロリ・りんご・・・。

むくみの原因・予防・解消室
ようこそ
家族
このサイトについて
プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site