むくみ014

むくみ 解消

むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。


足のむくみやだるさは
長時間の立ち仕事など「血液滞留」が原因です。

少し行儀の悪い行為ですが
机の上などに足を乗せるなどして
足を心臓の位置よりも高くすると
むくみも解消されていきます。

また夜寝る時は
座布団なんかで足枕をつくり高くして眠ると
足に血液を溜まるのを予防してくれます。

でも、気をつけたいのが「足の上げ方」。
ムリな方法では、かえって足腰へ負担がかかり、
逆効果を招くことも。


そこで、「足まくら」。




こういう足まくらを使ってみるのも、いいのでは。

●エアロフロー 足まくら(低反発足枕)


むくみの原因・予防・解消室

デスクワークなのに、夕方になると
足がむくんでしまうを解消する方法


足のむくみを予防する最良の方法は、
1時間に1回ぐらいの割合で歩くこと。
足の筋肉を動かしポンプとして作用させるのが
ポイントです。


ただし、せっかく歩いても筋肉が弱いとポンプとして
充分に血液やリンパ液が流れません。
ですから、日頃からストレッチや運動などで
足の筋肉を鍛えておきましょう。


どうしても席を立てない場合は
座ったままでも、つま先を上げ下げしたり
足首を回したり、足踏みをしたり
ふくらはぎをマッサージするのも効果的です。


むくんでしまった場合は、
少し行儀の悪いですが、机の上などに足を乗せるなどして
足を心臓の位置よりも高くしてください。
すると、むくみも解消されるでしょう。


夜寝る時は、座布団なんかで足枕をつくって
15センチほど高くして眠ると
足に血液を溜まるのを予防してくれます。



弾力ストッキングも、むくみ予防には効果的です。


むくみの原因と解消法ブログです。

むくみと水分量の関係について

むくみは、余分な水分が体の中に溜まっている状態なので
水分の摂り方は、とても大切です。

体内の水分量は、入ってくる水分と出ていく水分の
バランスの上にあります。

むくみ体内に取り入れられる水分は
食べ物からの水分、飲み物からの水分
そして体内でつくられる水分
があります。

体外に出て行く水分には
尿や便から、そして汗
吐く息にも水分が含まれています。



体内に取り入れた水分と、同じだけの水分量が
尿や汗などで排出されて、バランスを保っているわけです。

でも水分を取りすぎると、どうしても水分バランスを崩して
むくみやすくなります。

とくに、清涼飲料水やビールなどアルコール類は
ついつい飲みすぎてしまいがちです。

ほどほどに
適量を摂ることが大切。
注意しましょう。

むくみの原因と解消法ブログ

むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

仕事疲れ、家事疲れ、疲れも溜まっていきますから
1日の締めくくりには、ゆっくりリラックスできる
お風呂に入るのが1番です。

むくみ002ただ、シャワーだけで済ましてしまっては
汚れは落とせたとしても、
溜まった疲れまではとれません。

お風呂で体を温めれば血管も広がり
滞りがちな血液の流れも改善され
むくみの予防と解消につながります。

お風呂の温度はぬるめで、半身浴がおすすめ。
下半身をマッサージするとさらに効果的です。

お風呂で体が温まったら
冷水シャワーを足先からひざのあたりまでかけます。
それを何度か繰り返せば血行がよくなりますので
むくみには、とてもいいです。

お風呂では、リラックスなひと時を。



むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

むくみと利尿薬についてです。

利尿薬は、主に腎臓に作用して尿量を増加させ
余分な水分と食塩の成分であるナトリウムを排泄。
それによって、むくみの原因となる体内や血管内に
余分に蓄えられた水分を取り除き、血圧を下げる効果があります。

体内にナトリウムが多すぎると、体液の量や循環血液量も増加し
血圧も上がります。
利尿薬はナトリウムに敏感に反応して
血圧が上がるような人には、効果的といえます。

また、むくみの症状の改善にもつながり
心不全を同時に患う高血圧患者の方にも、適していると言われています。
その反面、糖尿病や高脂血症の患者さんには利尿薬は向かないようです。

気になる副作用についてです。

利尿薬は、ナトリウムの排出と同時にカリウムも排泄しますので
低カリウム血症を引起す恐れがあります。
動悸や息切れ、足がつる・・・など
いつもと違う症状がみられたら、すぐに主治医に相談しましょう。

さらに薬の効果が過剰に出てしまうと
脱水症状になり血圧が下がって、めまいや立ちくらみなどの症状が
起こる可能性もありますので、注意が必要です。
特に高齢の患者さんは、脱水症状を起こしやすいといわれています。
こまめに水分補給をするよう心がける事が大切です。

お医者さんの指示に従いましょう。


むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

コーセーが、脚をすっきりリフレッシュする
スプレータイプの足用化粧水を発売します。

コーセーが発売するのは、
スプレータイプの脚用化粧水
『スタイリス レッグ リフレッシュ ミスト』。


立ち仕事やデスクワークなどで夕方に脚がむくみ
脚の疲れを感じやすい女性もたくさんいます。
簡単にむくみを解消する方法が、待ち望まれています。

そこで『スタイリス レッグ リフレッシュ ミスト』。
いつでもどこでも使える、スプレータイプの脚用リフレッシュローションです。

メントールによるひんやりした清涼感。
それで肌を引き締め、むくみやすい脚をリフレッシュ。

ベニバナエキス・ブクリョウエキス・緑茶エキス配合。
うるおいを与え、すっきりとした美しい脚へ。

香りは、ハーバル系のさわやかな香りで
気になるにおいの防止にもなります。

脚のむくみやだるさを感じた時には
ストッキングの上からでも使え
べとつかないようです。


コーセー スタイリス レッグリフレッシュ ミスト 120ml




倖田來未がイメージキャラクター。
『スタイリス レッグ リフレッシュ ミスト』。
発売日は、2007年5月16日です。


むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

BoAは、広東製薬(クァンドン製薬)の「トウモロコシ、スヨム茶」のCMに出演
とニュースで流れていました。

広東製薬は、中国なのだか韓国の会社だかは定かではありませんが
このお茶、むくみ解消に効果があるそうです。



BoAをモデルとして選んだ理由として
「BoAが消費者の調査結果、モデル選好度部門で最も良い点数を獲得し、
BoAの細くて美しい顔のラインと健康的なイメージが、
製品のイメージとピッタリ合うと判断して、モデルに起用した」
と言っています。

「トウモロコシ、スヨム茶」CMのメインコンセプトは、
「Vライン(あごのとがったフェイスライン)」だとか。


むくみに効果があるというのは、
トウモロコシの毛に利尿作用があるからでしょう。
詳しくは分かりませんが、トウモロコシの毛の成分が
含まれているのではないかと。


「トウモロコシ、スヨム茶」が
日本で販売されるのかどうかは、わかりませんが
販売されるようならば、一度飲んでみたいですね。
味も大事ですから。
詳しい事がわかればまた報告します。


むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。


先日、NHKの「ためしてガッテン」でむくみについて
取り上げていました。

むくみは、足の血液の流れが悪くなって水分がたまってできます。
ではどうすれば血流がよくなるのか?

ということで、血流をよくしてむくみにくくするという方法を
2つ紹介していました。

筋肉ポンプ(足首曲げ)と、おなかポンプという方法です。

■筋肉ポンプ(足首曲げ)

足を軽く前に出し、ゆっくりと足首を上に曲げる。
ポイントは、ふくらはぎの筋肉を動かしているという意識すること。
5回〜10回を1セットとして、30分〜1時間に1セットぐらい行うと効果的。

足首を軽く曲げたとき、ふくらはぎの筋肉が静脈を押すことによって、
ポンプのように血液を流してくれるそうです。

■おなかポンプ

腹式呼吸をして、後ろに反り返る。
反り返りながら息を吸い、元に戻りながら吐くとやりやすい。

*注意:日ごろあまり体を動かさない方や、腰痛の方、腰痛の経験のある方は
腰を傷めたりする危険もあります。
無理せずに、充分注意して行ってください。

腹式呼吸をするとお腹の中の圧力は、息を吸ったときに強まります。
その強まった圧力で、お腹の静脈がいったん押されます。
息を吐くと圧力が弱まって、静脈の流れがよくなると考えられるのです。

イナバウアーの姿勢は、
全身運動による血流促進・腹式呼吸をしやすくするなど
静脈の還流をさらに高めてくれると考えられます。

筋肉ポンプとお腹ポンプを両方行うと、より効果的だそうです。

むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

今日は、むくみに関する本を紹介いたします。
「むくみが消えるリンパマッサージ」という本です。



【内容】
リンパマッサージのここがすごい!むくんだ顔がすっきりし、小顔になれる!
むくみやすい脚がすっきり細くなる!気になるセルライトが解消できる!
おなかや二の腕もすっきり細くなる!リンパ液や血液の流れがよくなり美肌になる。

【目次】
1.あなたのむくみセルフチェック
(あなたのむくみはどれくらい?リンパさらさら度チェック)
2.知っておきたい!むくみのしくみと特徴
(なぜむくむの?むくみの原因を徹底解明)
3.むくみをとる!リンパマッサージ
(むくみを解消すればやせる!美肌になる!小顔になる!美肌になる!リンパマッサージ ほか)
4.リンパさらさら生活でもう2度とむくまない!
(日常生活のひと工夫でむくみが解消!/しっかり歩くことから始めよう ほか)



一度読まれてみては?
むくみが消えるリンパマッサージ



むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。
こんにちは。

トウガン。
トウガンは高温性の植物です。
8〜10月が収穫時期で、俳句の季語は初冬。
夏に採れても越冬貯蔵できるので、中国で冬カボチャ(冬瓜)と呼ばれています。
日本でもトウガン(冬瓜)。

トウガンは、薬効の高い野菜のひとつです。
ほてりを冷ましたり、口の渇きを押さえるので夏バテによく使われます。
また、利尿効果もあるので、むくみ解消にいいとされています。

●トウガン効用
渇きを癒し、解熱、利尿促進、慢性便秘、
魚・蟹・茸等の毒消し、汁を飲めば疲労の回復によいなどといわれています。

●料理
吸物の実、煮込み、あんかけ、味噌汁の実、あえものが一般的。
その他漬物、沖縄では砂糖漬けとしても食べられています。

むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因・予防・解消室です。

長時間立ち仕事で疲れた時やハイヒールを履いて足がむくんだ時
また足が冷えるなどの症状の時は、フットバス・足浴を試してみてはどうでしょう。

フットバス・足浴の方法は、少し深めの洗面器やバケツに
熱めのお湯(42〜43度)をくるぶしの上くらいまで来るように入れ
約10分間足を浸します。
のんびり音楽を聴いたり、読書したりしながらもいいですね。
風邪をひいてお風呂に入れない時にも最適です。

途中、冷めてくるようだとお湯を注ぎ足します。
スプーン1杯の塩を入れておくと冷めにくくなります。

フットバス・足浴で足を温めると足先の血管が開き血行がよくなるのです。
温められて血液は、体中を巡りますので全身もポカポカ。


お湯を沸かしたり、足し湯をしたりするのが面倒と言う人は
市販のフットバスもあります。
バブル、ペディケア機能、ジェット機能、加熱機能などいろいろな機能の
付いたものも販売されています。



足湯が終わった後は、しっかり乾かしましょう。
足に残った水分をしっかりふき取り、ドライヤーで乾わかしても。
その場合は、温かい風が肌に直接当たってやけどをしないように
タオルなどをかけて、その上から。

むくみの原因・予防・解消室
むくみの原因と解消ブログです。

むくみやすい人は、塩分の多い食事は大敵。
塩分(塩化ナトリウム)をたくさん摂取すると、
当然ですが体内のナトリウム濃度が上がります。

体内のナトリウム濃度が上がると、それを下げようと
血管から水分がしみ出して来ます。
こういう理由から塩分の多い食事をすると
むくみやすくなるわけです。

ですので、むくみを防止するためには
まず塩分を控えることが大切です。
塩分の摂りすぎは、むくみだけでなく
血圧を上げる原因ににもなります。

それは、血液中の塩分濃度が上がると
体は濃度を調整しようと血液量を増やすからです。

血圧を上げる原因は
●血管の収縮
●血管の硬化
●血液量の増加
●血液の粘り
などがあります。

どちらにしても塩分の摂りすぎは、体によくありません。

むくみの原因と解消ブログ
むくみの原因と解消ブログです。

足のむくみが気になった時の簡単運動を紹介します。
簡単運動で足のむくみを解消しよう。

まず、どこか座れる場所で腰をかけて下さい。
靴が脱げるようであれば、靴を脱いだ方が効果があります。

右足でも左足でもかまいませんが、
片足のつま先を床につけて、かかとを浮かせた状態にします。
そのつま先だけで床をドンドンと叩いて下さい。
20回くらい。
そして足を変えて、また20回。

今度は、つま先を浮かせてかかとで床を叩いて下さい。
左右交互に20回ずつ。

その運動をしている間、おへその下あたり(丹田)に
意識を集中させておくと、内臓も活発になる効果もあります。

足のむくみが気になった時に簡単に出来ますので
また一度試してみてくださいね。

むくみの原因と解消ブログ

ようこそ
家族
このサイトについて
プライバシーポリシー
当サイトでは、ユーザーがページをご覧になる際 ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。 取得するユーザー情報は、広告が配信される過程において クッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。 当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集されるものであり、 それ以外の用途には使用することはありません。 ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することが できます。 クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site